ORCAサポートセンタ 主治医意見書/医師意見書/訪問看護指示書作成支援ソフトウェア 『医見書』Ver3.0


トップ購入について医見書Ver.3.0とは環境チェックツールFAQ意見書記入の手引きリリースドキュメント
データ移行についてムービーマニュアルサポート更新履歴

[Catalina(macOS 10.15)への対応]

医見書がMacOS 10.15(Catalina)に対応しましたので、下記をご参照いただき、
正常に動作するかご確認ください。

【操作手順】
1.作業を行う前に下記から[FirebirdCS-2.5.9-27139-x86_64.pkg]を
 デスクトップにダウンロードしてください。

2.[10.15_tool.zip]をデスクトップにダウンロードしてください。

3.[10.15tool.manual.pdf]をデスクトップにダウンロードしてください。

4.すべてダウンロードできましたら、本ツールを使用するためのマニュアル
 [10.15tool.manual.pdf]をご確認いただき、操作をおこなってください。


■Firebird2.5インストーラ
[FirebirdCS-2.5.9-27139-x86_64.pkg]

■専用ツール
[10.15_tool.zip]

■マニュアル
[10.15_tool_manual.pdf](PDF)


※上記操作をおこなってもエラーメッセージが表示される場合は
 下記の【手順1】をご確認ください。

【手順1】
下記URLにあるバージョンアップ用のプログラムを
デスクトップにダウンロードしてください。

URL:Mac OSX用アップデートパッケージ(約11MB)
http://www.orca.med.or.jp/ikensyo/update.html#offline

デスクトップにダウンロードした[ikensyo330_update.pkg]を
ダブルクリックしてください。

オフラインアップデートの画面が表示されましたら、全て[次へ]で進み、
最後に[アップデート]をクリックしてください。

作業終了後、10.15対応用のツールである[10.15_tool.zip]内にある
[bridge.jar]を再度差し替えてから[ikensyo2.5]フォルダ内にある
[fb20to25.app]を実行してください。

最後に医見書が正常に動作するかご確認ください。


手順1でも改善されない場合は、下記の【手順2】をご確認ください。


【手順2】
医見書を終了してください。

次に[HD]→[アプリケーション]→[ikensyo2.5]内の[data]内にあります
[IKENSYO.FDB]にカーソルを合わせてキーボードの[control]を押しなが
らクリックしてください。

縦にメニューが表示されるので、メニュー内の[情報を見る]をクリック
してください。

[IKENSYO.FDB]の情報が表示されるので、一番下までスクロールしてください。

[共有とアクセス権]の下に[firebird]や[everyone]と記載されているので、
[firebird]の右に記載されている内容は[読み/書き]か[読みだしのみ]の
どちらかが記載されています。

[読みだしのみ]であれば、右下のカギマークをクリックしてパスワードを
入力後、[読み/書き]に変更してから再度鍵マークをクリック後、医見書が
正常に動作するかご確認ください。



※Windows(64bit)からMac OS10.15に移行される場合は通常の移行方法では
 できないため、下記コマンドを使用して移行作業をおこなってください。

<Windows側での操作>
1.コマンドプロンプトを起動後、以下のコマンドをコピーして[enter]を押してください。
cd /d C:\Program Files (x86)\FireBird\FireBird_2_0\bin

2.次に以下のコマンドをコピーして[enter]を押してください。
gbak -b -v -user SYSDBA -pass masterkey "127.0.0.1 C:\ikensyo2.5\data\ikensyo.fdb" "C:\ikensyo2.5\data\ikensyo_db.back"

3.[Cドライブ]→[ikensyo2.5]フォルダ内の[data]フォルダ内に作成された
[ikensyo_db.back]ファイルをUSB等にコピーしてください。

<mac10.15側での操作>
1.Windows側で作成した[ikensyo_db.back]ファイルをMac OS10.15の[HD]→
[アプリケーション]→[ikensyo2.5]フォルダ内の[data]フォルダ内に移動してください。

2.[ikensyo_db.back]をコピーしましたら、ターミナルを開いていただき、
 以下のコマンドをコピーして[enter]を教えてください。
cd /Library/Frameworks/firebird.framework/Versions/A/Resources/bin

3.次に以下のコマンドをコピーして[enter]を押してください。
./gbak -rep -FIX_FSS_DATA NONE -user SYSDBA -pass masterkey /Applications/ikensyo2.5/data/ikensyo_db.back /Applications/ikensyo2.5/data/IKENSYO.FDB

4.上記作業が終了しましたら、医見書が正常に起動するかご確認ください。

【Windowsが32bitの場合】
最初の[cd /d C:\Program Files (x86)]の[(x86)]は不要となりますので、
コマンドプロンプトに記載する際は[cd /d C:\Program Files]にしてください。


※32bitか64bitの確認方法はgoogle等のWebサイトに記載されていますので、
 作業をおこなう際は事前にご確認ください。

▲ページトップへ

Copyright (C) 2006-2014 ORCA Support Center