ORCAサポートセンタ 主治医意見書/医師意見書/訪問看護指示書作成支援ソフトウェア 『医見書』Ver3.0


トップ購入について医見書Ver.3.0とは環境チェックツールFAQ意見書記入の手引きリリースドキュメント
データ移行についてムービーマニュアルサポート更新履歴

[Sonoma(macOS 14)への対応]

医見書がmacOS 14(Sonoma)に対応しましたので、下記をご参照いただき、正常に動作するかご確認ください。

※
macOS14で印刷をおこなう場合、メーカーによっては非対応のプリンタもあるため、
macOS14をご利用される前もしくはアップデートする前に
ご利用のプリンタが対応しているかご確認ください。
(プリンタの対応機種はわかりかねるので、メーカー等にご確認ください)

【macOS14にアップデートをする前に】
OSをバージョンアップする前に、必ずデータのバックアップをとってください。

【バックアップの方法】
[HD]→[アプリケーション]→[Ikensyo2.5]→ [data]内にある [IKENSYO.FDB]ファイルを
[control]キーを押しながらクリックしてコピーし、デスクトップに保存してください。

※
デスクトップに保存した [IKENSYO.FDB]ファイルは
USBメモリ等の外部記憶媒体にも保存してください。

OSのバージョンアップが終了しましたら、医見書の起動の確認をお願いします。

起動できない場合は下記の操作手順をご参考いただき、
操作をおこなってください。

【操作手順】
1.
下記から[FirebirdCS-2.5.9-27139-x86_64.pkg]をデスクトップにダウンロードし
インストールをおこなってください。

■Firebird2.5インストーラ
[FirebirdCS-2.5.9-27139-x86_64.pkg]

2.
次に[HD]→[アプリケーション]→[ikensyo2.5]→[data]フォルダ内にある
[IKENSYO.FDB]ファイルにカーソルを合わせてキーボードの[control]を
押しながらクリックしてください。

メニューが表示されるので、メニュー内の[情報を見る]をクリックしてください。

3.
[IKENSYO.FDB]ファイルの情報が表示されるので、一番下までスクロールしてください。
[共有とアクセス権]をご確認いただき、名前に[firebird]があるかをご確認ください。

※
Firebirdがない場合は、右下のカギマークをクリック後、
PCのパスワードを入力後、左下の[+]を押してください。

上部に選択画面が出ますので、[firebird]を選択後、
[選択]を押してください。

4.
[共有とアクセス権]に[firebird]が表示され、アクセス権には
[読み/書き]か[読みだしのみ]のどちらかが表示されています。

[読みだしのみ]が表示されている場合、右下のカギマークをクリックしてパスワードを入力後、
[読み/書き]に変更して、再度鍵マークをクリックしてください。

5.
[4.]まで作業ができましたら、[HD]→[アプリケーション]→[Ikensyo2.5]フォルダ内にある
[fb20to25.app]をキーボードの「control」キー押しながら「開く」をクリックしてください。

パスワード画面が表示されましたら、PCのパスワードを入力し[OK]をクリックします。

テキストファイルの画面が表示されますので、開いている画面をすべて閉じていただき、
医見書が正常に起動するかご確認ください。

◆新規インストールの場合、2016年4月以降にご購入いただいた
インストールCDであれば、下記の操作手順をご参考いただき、操作をおこなってください。

※
2016年4月以前のインストールCDは対応していないためインストールできません。

また2022年4月以降にご購入いただいたソフトから新規インストールする場合は
以下の作業手順は不要です。

【作業手順】
1.
下記から[FirebirdCS-2.5.9-27139-x86_64.pkg]と
[macOS14_manual.pdf]をデスクトップにダウンロードしてください。

■Firebird2.5インストーラ
[FirebirdCS-2.5.9-27139-x86_64.pkg]

■マニュアル
[macOS14_manual.pdf] (PDF)

2.
ダウンロードできましたら、[macOS14_manual.pdf]をご確認いただき、
インストールの作業をおこなってください。

【データ移行】
インストールができ、医見書の起動が確認できましたら
データ移行の作業をおこなってください。

■macOSからmacOSへのデータ移行につきましては、下記をご参照ください。
※以下の作業は医見書ソフトを閉じておこなってください。

<macOS→macOSへの移行>

◆「変更前のPCでの操作」
[HD]→[アプリケーション]→[Ikensyo2.5]フォルダ内にある[data]フォルダを
[control]キーを押しながらクリック後、コピーをしていただき、
USBメモリ等の移動できる媒体に保存してください。

◆「変更後のPCでの操作」
1.
コピーしていただいた[data]フォルダをデスクトップに配置してください。

2.
[HD]→[アプリケーション]→[ikensyo2.5]→[data]内にある
[IKENSYO.FDB]のファイル名を[IKENSYO2.FDB]に名称変更してください。

ファイル名の変更ができましたらデスクトップにある[data]フォルダを開き
[IKENSYO.FDB]ファイルをコピーし、[HD]→[アプリケーション]→[ikensyo2.5]→
[data]内に貼り付け(配置)してください。

([IKENSYO.FDB]がエイリアスになっていないことをご確認ください)

※
[IKENSYO.FDB]ファイルを貼り付けしていただくと、[data]フォルダ内には
[IKENSYO.FDB]と[IKENSYO2.FDB]の2つのファイルが存在する形となります。

3
[data]フォルダ内にある[IKENSYO.FDB]ファイルにカーソルを合わせて
キーボードの[control]を押しながらクリックし、メニュー内の
[情報を見る]をクリックします。

[共有とアクセス権]をご確認いただき、名前に[firebird]があるか
ご確認ください。また[firebird]のアクセス権が[読み/書き]と
表示されているかもご確認ください。

※
Firebirdがない場合は、右下のカギマークをクリック後、
PCのパスワードを入力後、左下の[+]を押してください。

上部に選択画面が出ますので、[firebird]を選択後、[選択]ボタンを押してください。
次に[firebird]をクリックしていただくと[読み/書き]が
選択できるようになりますので、[読み/書き]を選択してください。

※
取得中のままでも問題ありませんので、4の作業をおこなってください。

4.
再度DBの変換作業をおこないます。

[HD]→[アプリケーション]→[Ikensyo2.5]フォルダ内にある
[fb20to25.app]をキーボードの[control]キー押しながら
[開く]をクリックしてください。

パスワード画面が表示されましたら、PCのパスワードを入力し[OK]をクリックします。

テキストファイルの画面が表示されますので、開いている画面すべて閉じ、
医見書を起動し、データが正常に移行されているかご確認ください。


■WindowsOSからmacOSへ移行される場合は下記をご参照ください。
※以下の作業は医見書ソフトを閉じておこなってください。

<WindowsOS→macOSへの移行>
Windows(64bit)からmacOS14に移行される場合は通常の移行方法ではできないため、
下記コマンドを使用して移行作業をおこなってください。

<Windows側での操作>
1.
コマンドプロンプトを起動後、以下のコマンドをコピーし、
コマンドプロンプト内に貼り付け、[enter]を押してください。

cd /d C:\Program Files (x86)\FireBird\FireBird_2_0\bin

2.
[1.]の作業が完了しましたら、次に以下のコマンドをコピーし、
コマンドプロンプト内に貼り付け、[enter]を押してください。

gbak -b -v -user SYSDBA -pass masterkey "127.0.0.1 C:\ikensyo2.5\data\ikensyo.fdb" "C:\ikensyo2.5\data\ikensyo_db.back"

3.
[Cドライブ]→[ikensyo2.5]→[data]フォルダ内に[ikensyo_db.back]ファイルが
作成されますので、ご確認いただき、[ikensyo_db.back]ファイルをコピー後、
USB等に保存し、macOS14のPCに移動します。

<macOS14側での操作>
1.
macOS14のPCに移動し、USB等からWindows側で作成した[ikensyo_db.back]ファイルを
macOS14の[HD]→[アプリケーション]→[ikensyo2.5]→[data]フォルダ内にコピーしてください。

2.
[data]フォルダ内に[ikensyo_db.back]をコピーしましたら、ターミナルを開いていただき、
以下のコマンドをコピーし、ターミナル内に貼り付け、[enter]を押してください。

cd /Library/Frameworks/firebird.framework/Versions/A/Resources/bin

3.
[2.]の作業が完了しましたら、次に以下のコマンドをコピーし、
ターミナル内に貼り付け、[enter]を押してください。

./gbak -rep -FIX_FSS_DATA NONE -user SYSDBA -pass masterkey /Applications/ikensyo2.5/data/ikensyo_db.back /Applications/ikensyo2.5/data/IKENSYO.FDB

4.
上記作業が終了しましたら、医見書が正常に起動するかご確認ください。

【Windowsが32bitの場合】
最初の[cd /d C:\Program Files (x86)]の[(x86)]は不要となりますので、
コマンドプロンプトに記載する際は[cd /d C:\Program Files]にしてください。

※32bitか64bitの確認方法はgoogle等のWebサイトに記載されていますので、
   作業をおこなう際は事前にご確認ください。

▲ページトップへ

Copyright (C) 2006-2014 ORCA Support Center